[PR] 多汗症 霜降り帝国III 忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/21 15:56 |
4月1日 読了:ユダヤ警官同盟
「SFが読みたい!2010年版」の海外編5位ということで、読んでみました。

歴史改変+ハードボイルドという内容なんですが、改変された歴史が「もしユダヤ人がアラスカに住んだら(住まわされたら)」という地味で馴染みのないものだったので、あまりSFテイストは感じられず、普通にハードボイルド小説を読んだ印象でした。

ま、つまらなくはないけど、なんでヒューゴ賞・ネビュラ賞(2大SF文学賞)を取れたのかは不思議に思う作品です。

あと主人公の刑事・ランツマンのイメージは、ちょっと前にクリアしたゲーム「ヘビーレイン」に出てきた探偵のシェルビーがぴったり。
この小説、コーエン兄弟が映画化するらしんですが、ランツマン役は誰がやるのかな。

ユダヤ警官同盟
PR

2010/04/02 02:06 | Comments(0) | TrackBack(0) | 本のこと

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<4月4日(日) 渦中 | HOME | 3月24日(火) 映画「鉄拳」鑑賞>>
忍者ブログ[PR]