[PR] 多汗症 霜降り帝国III 忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/19 01:26 |
追悼 栗本薫
手元にあるグインサーガ第1巻「豹頭の仮面」は、昭和58年10月15日の改訂版四刷目。
昭和58年といえば15才のワタクシですが、そういえば中学校に通う道すがら、同級生のオトミチくんに読み進めるたびストーリーを説明していたなー、とか思い出しました。
当時は朝日ソノラマを卒業してハヤカワに手を伸ばしたものの、海外SFにはイマイチ馴染めず、さて何を読もうかと思案していた矢先に出会ったのがグインでした(たぶん)。

以後コツコツと読み続け、途中何人か「洗脳」して仲間を増やし、あーでもないこーでもないと30代前半くらいまで語ってましたかねぇ。

完結はしなかったけど、とうとう100巻が出たのが2005年の春。
100巻発売のイベントに参加しようと応募したけど、当たったのは友人だけで……。
でもその友人が行列に2度も並んで、ワタクシの分まで限定のサイン本を買ってきてくれたときはホント嬉しかったー。

なんだかんだで20年くらいはずっとワタクシの横にあった小説だったわけで、意外といろんな場面で思い出すことがあるなーと。

30年間ひとつの物語を(それも100巻以上)書き続ける作家なんて、これからもそうそう登場しないことを考えると、グインと歩んだ時間というのはなかなか稀有なものだったなーと思います。

ということで、栗本薫さんにはホント感謝です。

ありがとう。

そして、さようなら。

写真:グインサーガ1・100・126巻
左から1巻、100巻、最後となった126巻
PR

2009/05/28 01:40 | Comments(2) | TrackBack(0) | ひとこと

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

129巻までは書き上げてあるみたいですね。
怪我の痛みの描写がやけにリアルだったりしないか
と変なことが気がかりです。
posted by 乱田一十 at 2009/05/28 22:17 [ コメントを修正する ]
そうですか、まだ続きますか。
今年はグイン30周年ということで、アニメやったりイベントやったりといろいろ派手な動きがあるようなので、書き溜めていたものがあるのですね。

海外だと別の作家が引き継いで書くみたいなことも多いので、そういう展開もありうるかと。

ハヤカワにしたら人気シリーズだし、まだまだ続けたいでしょうからねぇ。
posted by mt_suzuki at 2009/05/31 23:11 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ゲームマーケット2009速報 | HOME | 5月17日(日) H上家ボドゲ会>>
忍者ブログ[PR]